和歌山で助成金申請なら和歌山市の社労士「田中社会保険労務士事務所」へ!各種助成金の無料診断・申請代行を手がけております。

〒640-8392 和歌山市中之島1508-2 田中ビル3F

受付時間

8:30~17:30
(土日祝日は除く)

業務地域

和歌山県・大阪府(一部)

お気軽にお問合せください

073-435-4825

FAX

073-435-4835

就業規則作成・変更

就業規則は「会社の憲法」に該当します

  • 従業員が会社で勤務する上での労働条件を明確にする
  • 会社が従業員にあらかじめ制裁事由、表彰事由を明確にする。

といった会社の就業等に関する事項を定めたルールブックです。

就業規則に規定している内容によって、労使間トラブルを最小限に抑えたり、事前に防止することができ、リスク回避が可能となります。

どのようなトラブルが発生しているのか?

最近の労使間トラブルは非常に多くなっています。
例えば、不当解雇、退職金、残業代未払い、セクハラ・パワハラなど。
このような労使トラブルを事前に防止するためには、貴社に合った就業規則を作成する必要があります。現在、作成している就業規則は下記のような就業規則ではありませんか?

  • 官公庁で雛型として提示している就業規則や他社の就業規則をそのまま使用している。
  • パート労働者がいるのに正社員用の就業規則しか作成していない。
  • 役員の机の中に保管している。
  • 何十年も前の就業規則である。

このような就業規則では、現在、労使トラブルが発生していなくても、近い将来、労使トラブルが発生する可能性が非常に高いと思われます。

近年、インターネット等の普及により、従来ではあまり知られていなかった労働知識が簡単に検索できるようになっています。何か疑問があればすぐにインターネットで検索して得た知識を伝えてきます。このような時代においては、使用者側もあらかじめ労使トラブルを予測した就業規則を作成して対抗する必要があるのです。労使トラブルが起こった後では遅いのです。